調圧ルーム

アスクレの調圧ルーム(アスクレルーム)は健康維持を目的に、人工的に気圧を調整して、空気中の酸素濃度に変化を与えるお部屋です。

まずは、ルーム内の気圧を下げ低酸素状態を作り、ある一定レベルに達したところで気圧と酸素濃度をルームの外と同じくらいまで戻します。その後、再び低圧・低酸素状態を作り、この変化を1回約50分の間に数回繰返して常に気圧と酸素濃度を変化させ続けます。

※この時、飛行機に乗った時のような耳への違和感が起こることがあります※

気圧と酸素濃度を繰返し変化させることで、人間が本来持っている防御機構が働き、全身の血流が良くなります。血流がよくなると、血流にのって身体中に充分な酸素がいきわたり、人間が生きるために必要なエネルギー(ATP)が身体の中で沢山作られるようになるのです。

1つ1つの細胞の代謝を改善して、病気に罹り辛い身体を作り、より健康にし、肌を生き生きさせ、美しくするという効果が期待されます。